オリンピック選手に聞いてみよう! ~ミキハウスロンドンオリンピック代表選手座談会~

  • スペシャルトーク トップ
  • Vol.1  7/23公開
  • Vol.2  7/26公開
  • Vol.3  7/30公開
  • Vol.4  8/3公開
  • Vol.5  8/6公開
  • ミキハウス社長 木村皓一 メッセージ

世界の舞台に立つ選手たちの夢、努力、感動を子どもたちに

2012年6月28日。ロンドンオリンピックを直前に控えたこの日、5人のロンドンオリンピック代表選手と、メダリストでもある2人の元代表が集まり、オリンピックについて語ってくれました。オリンピック直前の今の気持ち、先輩メダリストに聞いてみたいこと、どうして今の競技を選んだか、練習の大変さや厳しさ、さらにはくじけそうになったときにどう乗り越えたか、などなど…です。 大きな目標に向かって走り続けてきたオリンピック選手たちの声が、子どもたちの夢のきっかけになればうれしく思います。たくさんの子どもたちが目をキラキラさせて自分たちを見てくれることが、選手たちには何よりの応援になることでしょう。 取材・文/上阪 徹写真/北川能章

代表選手座談会

代表選手

● 平野早矢香(卓球)
● 須長由季(セーリング)
● 足立夢実(シンクロナイズドスイミング)
● 蟹江美貴(アーチェリー)
● 藤原新(マラソン)

野村忠宏
● 野村忠宏
(柔道・五輪3大会連続で金メダル獲得。 現役ミキハウス所属選手)
鈴木絵美子
● 鈴木絵美子
(シンクロ・アテネチーム銀、 北京デュエット銅メダル獲得。 元ミキハウス所属)
木村皓一
● 木村皓一
(ミキハウス社長)

ミキハウス社長 木村皓一からのメッセージ

ミキハウス社長 木村皓一

ミキハウスは創業以来、子どもたちの健やかな成長を願い、豊かな心を育む活動に取り組んできました。世界の第一線で活躍するスポーツ選手を応援することもそのひとつ。それは、子どもたちが秘めている無限の可能性を引き出したり、大きな夢を追いかける動機にきっとつながると信じています。
私は四捨五入したら70歳になる年齢ですが、今も野球をやっています。年に一度、全国大会があって、それに向かって、日曜日はどんな用事も断って野球の練習をしているんです。去年は優勝しました。全国大会という目標があって、それに向かって懸命にやれば、結果が出せるんですね。練習は苦しいです。なんでこんなにしんどいことをせなあかんのやろ、と思うことも多い。ところが、年に一度のその大会で、苦しかったことは消えてしまうんです。試合場に行った瞬間に、大きな喜びに変わる。途方もなく楽しい場になる。オリンピックも同じはずです。一生懸命努力して、オリンピックのチケットを手に入れた。その大きな喜びを、存分に味わってきてください。ロンドンに降り立った時点で、もうハッピーな自分がいる。そんな気分で、戦ってきてください。

ページの先頭へ